Parallax Image

浮世絵を生んだ
伝統木版技術で創る
「現代の浮世絵」

日本から世界へ

アダチ版画研究所は、浮世絵を生んだ日本伝統の木版技術を継承するとともに、
現代のアーティストとのコラボレーションにより創造する
「現代の浮世絵」の魅力を日本から世界へ発信してまいります。

アーティスト×アダチ版画

© YAYOI KUSAMA

アーティスト

草間彌生「わたしの富士山」
前衛と伝統のコラボレーション

今、世界で最も注目される前衛芸術家・草間彌生さん。色鮮やかな水玉模様に代表される作品は、一度目にすると忘れることのできない魅力にあふれています。その草間さんがアダチ版画研究所の彫師・摺師とともに、世界で今なお評価の高い日本伝統の“浮世絵”に初挑戦しました。この模様は、2015年元旦のNHK BSプレミアム『ザ・プレミアム 草間彌生 わたしの富士山 ~浮世絵版画への挑戦~』にて放映され、多方面から大きな反響をいただきました。

今回「常に想像を超える作品」を生み出し、世界の注目を集め続ける草間さんのご協力を得ることで、伝統木版技術の継承にとって大切な、伝統の中に「新しい表現の可能性」を見いだすことが出来ました。ついに完成した“前衛と伝統のコラボレーション”をここに紹介します。

草間彌生

わが心の富士

草間彌生

七色の富士

草間彌生

七色の富士

撮影=川本聖哉

アーティスト

現代美人画絵師・池永康晟
初の浮世絵 堂々完成!

魅惑的な現代の美女を繊細な描線と独自の色彩で表現する現在国内外で活躍中の画家・池永康晟氏。このたび、池永氏が絵師となり浮世絵制作技術を今に継承するアダチ版画研究所の彫師・摺師と共に創造した初の美人画が完成いたしました。

池永氏が描く優美な女性を木版独特の滑らかな輪郭と柔らかい和紙の質感で余すところなく表現した書き下ろしのオリジナル木版画です。

作品詳細

プロジェクト×アダチ版画

プロジェクト

世界のトップクリエーターが浮世絵に挑戦!
TOKYO DESIGN WEEK in Milano Salone 2015
“Homage to UKIYOE”

世界を代表するトップクリエーター6人が浮世絵の絵師となり、アダチ版画研究所の彫師・摺師とともに現代の浮世絵を創造する本プロジェクトは、「TOKYO DESIGN WEEK in Milano Salone2015」の企画として実現しました。ゴッホやモネに影響を与えた江戸の浮世絵に対し、“Homage to UKIYOE”というテーマで現在活躍するクリエーターがそれぞれの解釈で表現した現代の浮世絵が誕生しました。

TOKYO DESIGN WEEK in Milano Salone 2015

ジェームス・ジーン

Pomegranate

TOKYO DESIGN WEEK in Milano Salone 2015

アレックス・パヴィランド

Avant Garde

TOKYO DESIGN WEEK in Milano Salone 2015

アラン・チャン

The Great Teacher

TOKYO DESIGN WEEK in Milano Salone 2015

ロス・ラブグローブ

WATERWORLD

TOKYO DESIGN WEEK in Milano Salone 2015

ダン・シュレシンジャー

Hedwig's World

TOKYO DESIGN WEEK in Milano Salone 2015

マイケル・ニコル・ヤグラナス

Finding Space

お知らせ

現代の美人画・池永康晟「散菊 沙月」販売開始

魅惑的な現代の美女を繊細な描線と独特の色彩で表現することで人気の画家・池永康晟(いけながやすなり)氏が絵師となり、浮世絵制作技術を今に継承するアダチ版画研究所の彫師・摺師と共に創造した初の美人画「散菊 沙月」が完成しました。

2016.09.01.

草間彌生「七色の富士」の販売について

2015年7月30日より発売を開始しました草間彌生「七色の富士山」各色・初回限定10部につきまして完売となりました。残りの部数の販売につきましては、日程が決まり次第本ウェブサイトにて告知させていただきます。皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願いします。
なお、本サイト専用メールマガジンを新設いたしましたので、発売情報等のお知らせを希望される方は、是非ご登録ください。

2016.03.03

伝統の中に、新しい表現を追求する
アダチ版画研究所

アダチ版画研究所は、これまで継承に努めてきた日本伝統の木版技術をより輝かせるために、
伝統を大切にしながら、現代のアーティストとのコラボレーションを通じて
新しい表現を追求してまいります。

世界に誇る浮世絵
その魅力の真髄を現代に。

幕末以降、印象派の画家をはじめ多くのアーティストに影響を与え、今なお世界中で高く評価されている浮世絵。その魅力は、他には類を見ないほどの繊細な線描、色彩の鮮やかさ、そして商業印刷ゆえに生まれた徹底した省略美などに見つけることができます。

また、桜の版木、水性の絵具、手漉き和紙といった日本独特の素材から生み出される独特の温かみがその魅力をさらに引き立てています。アダチ版画研究所は、このような浮世絵に培われた木版技術を余すところなく反映したオリジナル木版画「現代の浮世絵」の制作を目指しています。

最高の作品を創り出す
技術者集団として。

アダチ版画研究所は、創業当初より、最高の作品を創り出すために、高度な技術をもつ彫師・摺師をかかえる工房形式をとり、制作活動を行ってきました。

そして、この日本が世界に誇れる伝統木版技術の保存・継承を目的に、1994年に「公益財団法人アダチ伝統木版画技術保存財団」を創設し、その活動の中で若い技術者の育成も行っています。明日を担う若手職人たちが熟練の職人とともに日々技術を研鑽し、その向上に努めています。

ショールームで体感
「現代の浮世絵」の魅力

アダチ版画研究所 目白ショールーム

住所
〒161-0033 東京都新宿区下落合 3-13-17
TEL
03-3951-2681
交通手段
・JR山手線「目白駅」徒歩 10分
・都バス白61系統(練馬車庫前-新宿駅西口)「下落合3丁目バス停」徒歩 3分
※駐車スペース有(1台分)
営業時間
平日:10:00-18:00/土・日曜日:10:00-17: 00
定休日
月曜・祝祭日