草間彌生

富士は心の故郷

テーマは、世界文化遺産に登録された日本の象徴・富士山。その秀麗な姿は古より浮世絵をはじめ、多くの芸術の題材となってきました。本作は、草間彌生さんが初めて富士と間近に対峙し、心を動かされ、一気に描きあげたものです。草間さんのトレードマークとも言える無数の目玉や水玉模様に彩られた真っ赤な富士山の姿からは、今にもマグマを噴き出しそうな、内に秘めた激しいエネルギーが感じられます。

草間彌生さんが、
空にトレードマークの
水玉を描きます。

© YAYOI KUSAMA

力強い筆致で描かれた
山の輪郭が、富士の
壮大さを感じさせます。

暗雲が立ち込めた
かのような空から
無数の目が
見つめています。

水玉の色むらや、かすれまで
草間さんの筆遣いを
忠実に再現。

草間さんの筆遣いを、
忠実に版を彫っていきます。

彫りあがった版木に
墨をのせ、ブラシで
馴染ませていきます。

摺師が調合した
木版画独自の鮮やかな色彩で
一枚一枚摺り上げていきます。

人間国宝・
岩野市兵衛が漉いた、
楮100%の手漉き和紙
(越前生漉奉書)を使用。

筆のかすれも彫り分ける
若手彫師の創意工夫

電気ゴテで彫った角を焼き、絵具の色むら・かすれも再現。表現の幅を広げるため、江戸時代にはなかった道具も使いこなします。

彫師の狙いを
最大限に生かす摺り
職人たちのチームワーク

彫師がこだわった色むらを見事に摺り上げる摺師。完全分業制の浮世絵の職人ならではのチームワークが発揮されています。

© YAYOI KUSAMA

草間彌生

1929年、長野県松本市生まれ。
10歳の頃より水玉と網模様をモチーフに幻想的な絵画を制作。28歳で単身渡米、60年代後半にはN.Y.にてハプニングを行うなど前衛芸術家としての地位を築く。73年帰国。93年「第45回ヴェネツィア・ビエンナーレ」に代表作家として日本館初の個展を行う。近年、大規模な個展が世界の有名美術館を巡回し、各国で高い評価を得ている。

絵のみ¥300,000(税別)
専用額付き¥330,000(税別)

本商品につきましては、ご要望多数につき抽選販売とさせていただきますのでご了承ください。

申込受付期間:3月10日(金)10:00 ~ 3月19日(日)17:00
申込方法:来店、メール、電話にて受付いたします。
※ お申込時には 1.名前 2.ご住所 3.電話番号 4.作品名(額有無)をお知らせください。
※ お申込は、各商品お一人様一点まで。
※ 受付終了後、3月21日(火)に抽選をいたします。当選者には、追ってご連絡いたします。

部数
限定120部
画寸法:
42.0×59.5 cm
額寸法:
64.5×80.5 cm  専用額について
額仕様:
約2.8kg、木製、アクリル(UVカット70%)
版種
木版画
用紙
越前生漉奉書(人間国宝 岩野市兵衛)
出版年:
2017年
監修
株式会社草間彌生スタジオ
公益財団法人アダチ伝統木版画技術保存財団
制作
株式会社アダチ版画研究所
備考
1名様1商品限り。初回販売分は、10部限定。